オーディオ?エコシステム 第3回:スピーカー

Chris Lyons | 2020年6月18日 オーディオ?エコシステム 第3回:スピーカー

遠隔會議は、仮に映像が途切れても成立しますが、一方音聲はどうでしょうか?リサーチ結果では、IT部門の意思決定者のうち81%は遠隔會議の品質向上に最も大きく影響する要素として、音聲を挙げています。音が良い時には、會議の音聲という部分は特段意識されることがない一方で、悪い時は決して見逃されることはないものです。疲労の原因になるだけでなく、集中力や理解力も低下していきます。そしてそれは生産性の低下につながり、最終的には企業全體収益にも影響すると考えるべきです。

この連載記事は、オーディオ?エコシステム、すなわち會議用オーディオシステムの各機器がその性能を十分に発揮しつつ、互いに最適に調和する仕組みについて取り上げています。特に會議音響の目的である「明瞭で自然な音を実現する」上で、各機器がどのような役割を果たし、それが全體にとってどう重要なのかを解説したいと思います。

さて、遠隔會議、つまり映像と音聲を使用する會議において、オーディオシステムの役割は會議室內の參加者の聲を収音して相手側に送ることと、相手側の聲を再生することです。今回はスピーカーの役割について取り上げます。

マイクロホンが音を電気信號に変換するのに対し、スピーカーは信號を音に変換し直します。研修や遠隔會議に使用される會議室では、サイズや意匠、音量、カバー範囲の観點から迷わずシーリング?スピーカー(天井埋め込み型)を選ぶということが少なくありません。しかし今はさらにその中でも、より高度な機能、設置と運用に手間がかからない仕様を備えたネットワーク?スピーカーに向かっています。

時代のトレンドは、より高度な機能、設置と運用に手間がかからない仕様を備えたネットワーク?スピーカーに向かっています。

スピーカーの音質

シーリング?スピーカーの基本的な役割は、何よりもまず音聲を明瞭に再生するということは言うまでもありません。しかし、最近の會議空間ではさまざまなメディアコンテンツがますます多く使われるようになっており、人の聲だけでなく音楽やその他のオーディオソースもよい音で再生できるスピーカーが不可欠になっています。そのため、聲の明瞭度に最適化された周波數レスポンスだけでなく、さまざまなオーディオソースの音を心地よく聴かせることのできる十分なレンジをカバーする2ウェイ?ドライバーが必要になることもよくあります。

増幅

スピーカーには必ずアンプが必要ですが、パワーアンプは場所を取る、AC電源が必要、熱を発するなどの問題がついて回ります。それに対し、Danteスピーカーはアンプを內蔵しており、PoEまたはPoE+により音聲信號と同じネットワークケーブルで給電することができます。つまりこのDanteスピーカーはアンプを內蔵しているパワード?スピーカーであるわけですから、パワーアンプは不要になります。一般的な會議用途に必要な音圧レベルはPoE対応スピーカーでも生み出すことができますが、同じモデルでもPoE+対応にアップグレードされたものなら、もう少し大きめの音量が必要な部屋にも対応できる出力レベルが得られます。

信號ルーティング

標準的なシーリング?スピーカーには必ずパワーアンプを接続しなければならず、またパワーアンプにはオーディオミキサーからの出力を送る必要があります。これに対し、ネットワーク?スピーカーはオーディオネットワーク上のどこからでも信號を入力することが可能で、信號ルーティングの自由度は大幅に上がります。また、パワーアンプが不要ということは、ミキサー出力とパワーアンプ入力間、そしてパワーアンプ出力とスピーカー入力間の信號レベル調整も不要になるということです。

DSPユーティリティ

シーリング?スピーカーは、入力された信號をそのまま再生するだけのパッシブデバイスと考えられがちですが、音響システムの音に大きく影響することがあります。たとえミキサーやデジタル?シグナル?プロセッサー(DSP)で音聲処理を行う場合でも、空間の一部エリアのスピーカー數臺に個別に音質処理を加えたり、場合によっては個々のスピーカーごとに調整するのが望ましいケースもあります。その點、ネットワーク?スピーカーなら、外部DSP機器を設置?接続するコストや時間がかかりません。これは、IntelliMix?というDSPを內蔵するMXA910のようなマイクロホンと組み合わせた場合は特にそうです。

例えばEQ(イコライズ)は、近くの壁などからの音の反射を補正するのに役立つことがあります。またデジタル?ディレイは、発言者の聲と口の動きがずれないよう同期させる時に使用しますし、リミッターは信號レベルが極端に変化する狀況で音聲レベルが所定の最大レベルを超えないようにすることができます。そして、シグナル?ジェネレーターまたはトーン?ジェネレーターは、システムを調整する際に信號パスの確認やスピーカーの識別、施工の確認などにかかる時間を大幅に節約する手段となります。

音聲セキュリティー

Dante対応スピーカーは、オーディオのシグナルチェーン全域に渡って、強力なセキュリティーを提供することができます。Shure音聲暗號化機能を使用すれば、オーディオチェーンの入口であるマイクロホンから出口であるスピーカーまでセキュリティーが確保されます。會議內容の秘匿性を気にするクライアントにとっては大きなメリットで、権限のない人間がオーディオ信號にアクセスすることはできません。

リモート管理

いかに先進的でハイテクな音響システムであっても、他のすべてのシステムコンポーネントと同様、スピーカーの機能狀態を定期的にチェックする必要があります。ネットワーク?スピーカーはリモート管理の點でもメリットがあります。オーディオ管理ソフトウェアを利用することで、PCからリモートで各スピーカーが正常に動作しているか確認し、スピーカーがオフラインになった場合や何らかの対処が必要な場合はそのままエンジニアにメッセージを送ることができます。設置場所へ出向いてチェックする時間を省き、その分問題が起こった時の対処に回すことができるのです。

シーリング?スピーカーはこれまで注意を払われることが少なく、時として過小評価されていましたが、今やオーディオ?エコシステムのれっきとした一部です。ネットワーク接続や柔軟な設定ツールにより、単に音を鳴らすだけにとどまらない働きを発揮し、明瞭でなおかつ自然な音の実現に貢獻することができます。

 

Shure會議用オーディオ?エコシステムに関連する他の記事:

Shure MXN5-Cネットワーク?シーリング?スピーカーは、遠隔會議をはじめとする會議用途で、高品位な再生環境を提供します。Danteオーディオ?ネットワーキング?プロトコルを使用し、他のShure PoE対応ネットワーク?オーディオ?デバイスとシームレスに連攜。導入の複雑さを最小限にとどめながら、高音質を実現します。詳細はこちらをご覧ください。

Chris Lyons

Chris Lyons

Shureで30年に渡りマーケティングと広報畑を歩んできたベテラン。複雑な音響技術をクルマや食べ物に例えてわかりやすく解説することを得意としている。歌や楽器の演奏はしないが、代わりに同僚を笑わせる。

a片无限看- 无限在线观看免费