Shureブログ

Ignite

IGNITEは企業、政府機関、教育機関などでお役立ていただけるShure設備音響システム関連の情報をお屆けします。

テレワークでよりよいオーディオ體験を得る方法

Andrew Low | 2021年4月23日 テレワークでよりよいオーディオ體験を得る方法
適切なマイクやイヤホン/ヘッドホンは、お仕事におけるスムーズなコミュニケーションに欠かせません。テレワークでの音質アップグレードに最適な製品の選び方をご紹介します。

プレゼンターのための、マイクとマイクテクニックの基本ガイド

Chris Lyons | 2021年4月23日 プレゼンターのための、マイクとマイクテクニックの基本ガイド
プレゼンテーション資料が完成し、リハーサルもし、いよいよマイクを握る時が來ました。このブログでは、プレゼンテーション用マイクの中でも特に人気の高い4種類のマイクを使用して最高の結果を得るための実踐的なアドバイスをご紹介します。

オーディオ?エコシステム 第5回:テクノロジー?パートナー

Chris Lyons | 2020年6月20日 オーディオ?エコシステム 第5回:テクノロジー?パートナー
ビジネスに応える生産性をしっかりと生み出すことのできる會議が理想なのは言うまでもありません。一方それを支える會議用AVシステムは、それぞれの機器やソフトウェアが連攜し、調和して機能する必要があります。Shureのパートナーブランドとこうした連攜をどのように提供しているかを解説します。

オーディオ?エコシステム 第4回:ソフトウェア

Chris Lyons | 2020年6月19日 オーディオ?エコシステム 第4回:ソフトウェア
多拠點をつなぐ遠隔會議のように、場所を問わずAVシステムを利用した會議ができるようになれば、それだけ管理も迅速に、簡便に行えるよう整備しなければなりません。ソフトウェアが葉えるその方法とは?

オーディオ?エコシステム 第3回:スピーカー

Chris Lyons | 2020年6月18日 オーディオ?エコシステム 第3回:スピーカー
マイクは音を電気信號へ変換する役割を擔いますが、スピーカーは逆にその信號を再度音へ変換する働きをします。會議オーディオ機器それぞれが調和する「エコシステム」の中で、このことが不可欠な役割を果たすその理由を解説します。

オーディオ?エコシステム 第2回:デジタル信號処理(DSP)

Chris Lyons | 2020年6月17日 オーディオ?エコシステム 第2回:デジタル信號処理(DSP)
會議音聲は、まず音聲が明瞭で何を言っているか分かること、そして聞きやすく自然であることが大切です。これに大きく貢獻するデジタル信號処理とは、どんなものでしょうか?

オーディオ?エコシステム 第1回:會議用マイクロホン

Chris Lyons | 2020年6月15日 オーディオ?エコシステム 第1回:會議用マイクロホン
快適な遠隔會議を行うためには、音聲が明瞭で何を言っているか分かること、そして聞きやすく自然であることが大切です。このブログでは、そのために必要なマイクロホンの役割について取り上げます。

システムインテグレーター様向け 設計シミュレーション用ソフトウェア「Designer(デザイナー)」がver.3.1にアップデート

Shure Japan | 2018年9月25日 システムインテグレーター様向け 設計シミュレーション用ソフトウェア「Designer(デザイナー)」がver.3.1にアップデート
Designer(デザイナー)ソフトウェアは、システムインテグレーターや設計者、販売サポートスタッフが、複數の「仮想」MXA910シーリング?アレイ?マイクロホンをソフトウェアに取り込んだレイアウト図面上に配置しながらプランニングを行えるソフトウェアアプリケーションとして、2017年にリリースされました。

【遠隔授業?アクティブラーニング等】大學?學校?研修施設向け、Shure製品の活用例をご紹介!

Shure Japan | 2018年5月7日 【遠隔授業?アクティブラーニング等】大學?學校?研修施設向け、Shure製品の活用例をご紹介!
天井に設置する畫期的なマイクロホンMXA910や、沢山のマイクのチョイスが嬉しいワイヤレスマイクMicroflex Wirelessなど、Shureの設備向けマイクロホン?會議システムなどの製品は、大學や研修施設などの様々な用途で幅広くご活用いただけます。

【徹底解説】Shure初のエコー?キャンセラー搭載DSPプロセッサーP300は、何が凄いのか?

Shure Japan | 2018年4月3日 【徹底解説】Shure初のエコー?キャンセラー搭載DSPプロセッサーP300は、何が凄いのか?
一昔前まで、ビデオ會議システムを使った遠隔會議、というと大掛かりな専用ネットワーク設営や設備投資を必要とし、一部の大企業のみで使われてきました。しかし、現在では、個人のノートPCやスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも実現できる一般的な會議手段として、急速に日本國內でも普及してきています。
a片无限看- 无限在线观看免费